ガスヒートポンプ(GHP)

高効率・省エネを実現するガスヒートポンプ(GHP)

ガスヒートポンプ(GHP)とは

ガスヒートポンプ(GHP)とは、LPガスでガスエンジンを動かし、コンプレッサーを駆動させ冷媒ガスの圧縮と気化のサイクルを利用することにより、冷暖房を行います。家庭用・店舗用・ビル用などあらゆる用途にラインアップしています。既設冷媒配管を取り替えることなく、交換可能なリニューアルタイプも有ります。(電気式エアコンにも適用)コンプレッサーの駆動にエンジンを使用していますので、定期的なメンテナンスが必要です。

写真:ガスヒートポンプ(GHP)

ガスヒートポンプ(GHP)の概要図

ガスヒートポンプ(GHP)は、エアコンの心臓部ともいえる室外機のコンプレッサーをガスエンジンで駆動し、ヒートポンプ運転によって冷暖房を行う空調システムです。

図:ガスヒートポンプ(GHP)の概要図 GHPはガスエンジンでコンプレッサを動かして、液化と気化を繰り返して、冷暖房を行います。

ガスヒートポンプ(GHP)導入のメリット

1. パワフル暖房
エンジンからの排熱を有効活用(冷媒ガスを圧縮前にあらかじめ温めます)しますので、外気温度が下がってもパワフル暖房が可能です。
2. 受変電設備、契約電力の低減
GHPはEHPと比較して消費電力が約10分の1と少ない為、契約電力及び受変電施設(キュービクル)の低減が可能です。
3. 電力負荷の平準化
GHPは消費電力が少ないため、冷暖房時の電力使用量におけるピークカットに寄与しています。
4. コージェネタイプのGHP
冷暖房しながら発電しますので、運転中は買電量が低減し、省電力化および低ランニングコスト化に寄与します。
5. 地球環境保護
環境性に優れたLPガスを使用しますので、CO2排出量の低減にも寄与し、地球環境保護に貢献します。
6. 優遇税制
  • GHPは石油代替エネルギー機器として利用が奨励され、優遇税制が適用されます。
  • エネルギー需給構造改革投資促進税制(H18.4~H20.3)
  • 取得価格の7%を法人税または所得税より控除できます。(条件あり)
  • 取得価格の30%を特別償却できます。

取り扱いメーカー

新日本ガスでは、国内一流メーカーのガスヒートポンプを取り扱っています。詳しい情報は各メーカーサイトをご参照ください。

このページの先頭へ