一酸化炭素中毒にご注意(個人の方)

こんなに恐い! 一酸化炭素中毒

LPガス自体には毒性はありません。しかし、不完全燃焼を起こすと一酸化炭素(CO)が発生します。一酸化炭素は無色・無臭で、感知しにくいのですが、毒性はきわめて強力。わずかでも吸い込むと中毒を起こし、重症になると意識不明で死に至ることもあります。

一酸化炭素の人体への影響

  1. 軽度の中毒でも、頭痛・吐き気・耳鳴りを起こします。
  2. 重症になると意識を失ったり、死に至る事もあります。
  3. わずか0.01%の薄い濃度の一酸化炭素(CO)でも、幼児などの場合けいれんを起こすことがあります。

一酸化炭素中毒を防ぐために

LPガスの燃焼には大量の空気(酸素)が必要です。換気が十分に行われないと、酸素不足や排気ガスが室内に充満して不完全燃焼となり、一酸化炭素中毒を起こす危険性があります。事故を未然に防ぐためにも、次のことにご注意ください。

換気をしない長時間の使用は避けましょう。

ストーブ、ガスファンヒーターなどを使用する時は、「1時間に1~2回、窓を明ける」などして、十分な換気を行ってください。

イメージ:ストーブ使用時の換気

風呂がまと、換気扇を同時使用しないでください。

屋内に設置された排気筒のある風呂がまでお風呂を沸かしたり、シャワーを使っている時は、キッチンや脱衣室にある換気扇を使用しないでください。風呂がまの排気が逆流して、一酸化炭素中毒を起こすことがあります。

イメージ:風呂がまと換気扇を同時使用しない

小型湯沸器を使う時に気をつけたいこと

小型湯沸器を使う時は、必ず窓を開けるか、換気扇をまわしてください。また、小型湯沸器をお風呂がわりに使ったり、洗濯やシャワーとして使うことは絶対におやめください。万が一気分が悪くなったら、ただちに使用を中止して、換気を行ってください。

イメージ:小型湯沸器を使う時は換気する

こんな時にはすぐに連絡をしてください。

ガス機器が以下のような状態でしたら、当社にご連絡ください。安心してご使用いただけるよう、点検をさせていただきます。

炎:炎が安定しない、炎が黄色い、炎が赤い 操作:使用中に火が消えた、爆発的に着火する、火移りしにくい、点火しにくい、点火しない 器具:異常音をたてて燃える、ガスの臭いがする、運転中に排気ガスの臭いがする

このページの先頭へ