自然災害(地震・台風・洪水・大雪)のとき

地震直後の対応について

お客様の安全が一番です。

ご自身の安全を確保し、あわてないで落ち着いて行動してください。大きな地震が起きた場合(震度5程度以上)ガスメーター(マイコンメーター)が自動的にLPガスを遮断します。

イメージ:地震直後、自動的にLPガスを遮断

地震がいったん治まった後に

地震が治まったら、次の手順でガスまわりの安全を確認してください。

  1. ガス機器の火をすべて消してください。
  2. ガス栓をすべて閉めてください。
  3. ガスボンベが倒れたり、チェーンが緩んだりしていないかご確認ください。

イメージ:器具栓を閉める、ガス栓を閉める

イメージ:ガスボンベの確認

余震の心配がなくなったら

ガスメーターの表示部に「ガス止」と文字が表れ、ガスが止まったときは、復帰の手順に従って操作してください。ガス漏れなどの異常が無い場合は、復帰してガスが使えるようになります。

復帰しない場合は、復帰を繰り返さず当社までご連絡ください。

台風・洪水のとき

  • LPガス容器が、倒れたり、流されたりしないようしっかりと固定されているか確認してください。
  • 避難するときは、二次災害防止のため、容器バルブ及びガス栓を閉めてください。

イメージ:栓を閉めてください

大雪のとき

  • 雪降ろしや除雪、落雪などでガス設備が損傷しないよう十分注意してください。
  • 万一のとき、すぐに容器バルブを閉められるように容器周りの除雪をしておいてください。
  • 屋外にある給湯器が雪でふさがれたり、排気筒(煙突)がある場合は、雪により折れたり、ふさがれたりしていないか確認してください。
イメージ:ガス設備が損傷しないよう十分注意してください

このページの先頭へ