LPガスの基礎知識

LPガスって、どんなエネルギー?

LPガスは石油ガスを液化したもので、正確には液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)といい、LPG(LPガス)はその頭文字をとったものです。ガスという名前のとおり、使用される時は気体ですが、普段は容器の中で液体の状態で貯蔵されています。
主にサウジアラビアなど中東諸国から輸入されていますが、国内でも全体1/4程度が石油を精製して製品化されています。

LPガスにはこんな性質があります。

1.空気より重い

LPガスは空気の約1.5倍の重さがあり、もれると低いところや物かげにたまる性質があります。

2.容易に液化させることができる

LPガスは簡単に液体になる性質があります。液体になると体積は気体の時の250分の1まで小さくなるため、コンパクトな容器で大量のエネルギーをどこにでも運ぶことができます。

3.無色無臭

LPガス本来は無色無臭ですが、漏れた時にすぐわかるように、タマネギが腐ったような臭いがつけてあります。

4.燃焼するにはたくさんの空気が必要。

LPガスが燃焼するためには、大量の空気(酸素)が必要です。室内でガスを使用するときは、充分に換気をしてください。

LPガスはクリーン&ハイカロリー。しかも災害に強い。

クリーンで火力が強いLPガスは、燃料電池など家庭用発電やLPG車などのエネルギーとして将来性も有望。そこで、意外と知られていないLPガスのメリットをご紹介しましょう。

人と環境にやさしい

現在、地球上では環境破壊が進み世界中で深刻な問題になつています。LPガスは化石エネルギーの中でも、天然ガスとともに二酸化炭素(CO2)の排出量が少なく、環境に悪影響を与える硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、浮遊性粒子状物質(SPM)をほとんど出さないクリーンエネルギーです。
私たち新日本ガスは、この素晴らしいエネルギー、LPガスを安定的に安全にお届けすることで、地域の皆様が安心して暮らせる環境を守りたいと願っています。

発熱量は都市ガスの約2倍

都市ガスと比較して発熱量が大きく、レストランなど強力な火力が必要とされるキッチンでも重宝されています。

写真:青い炎

災害に強い

LPガスは、電線や地下導管など、大規模はインフラを必要としない分散型のエネルギー。地震など万一の災害時にも、素早い対応が可能です。過去の大災害においても、いち早く完全復旧を実現。避難所での炊事や入浴などの主要エネルギーとして活躍し、災害に強いエネルギーであることを実証しています。

このページの先頭へ