ガス臭を感じたとき・ガス警報器が鳴ったとき

ガス臭を感じたり、ガス警報器が鳴ったときは、ガスもれの可能性があります。
以下の注意事項を守り、すぐに新日本ガスへご連絡ください。

火気は絶対使用しないでください。

イメージ:火気は絶対使用しない

  1. 室内の火(タバコやコンロなど)をすべて消す。
  2. 換気扇を作動させない。
  3. 照明スイッチ、電源コンセントなどに触れない。

窓や扉を大きく開けて、室内の空気を入れ替えてください。

イメージ:窓や扉を大きく開けて、室内の空気を入れ替える

ガス栓及びメーターガス栓を閉めてください。

イメージ:ガス栓及びメーターガス栓を閉める

すぐに新日本ガスへ連絡してください。

イメージ:すぐに新日本ガスへ連絡する

ガス漏れ以外で警報器が鳴る場合

ガス警報器は、ガス漏れ以外でも鳴る場合があります。次の点について確認してください。

  1. 水がかかったりした場合、警報器が作動することがあります。
  2. 近くで殺虫剤等のスプレーを使用された場合、スプレーのガスに反応することがあります。
  3. 警報器の近くにお酒類(お酒・みりん等)を置かれていませんか?お酒のアルコール分に反応することがあります。
  4. 溶剤、シンナー、ベンジンなどを大量に使用されたとき。
  5. くん煙式の殺虫剤を使用されたとき。

このページの先頭へ